[日本の布団が危ない]日本の布団が危ない

布団は汚染されています

洗わない布団は汚い。この事をみなさんはご存知ですか?

長年使った布団の中わたはこんなに汚れています! 布団の汚れ成分 汗の塩分カビ 皮脂の脂肪分 細菌・雑菌 尿 ダニ、ダニの死骸やフン フケやアカ 花粉 食べ物カス 毛・ペットの毛

敷布団の表面と内部のダニ数(5年間使用と未使用比較) ※3

左の実験結果を見ると、未使用の布団ではダニの数はほとんどありませんが、5年間使った布団ではダニの数が増えています。

洗わずに使い続けた布団は汚いという当たり前の事実は、意外と知られていません。

回収したふとん全体の使用年数 ※2

右の表<回収したふとん全体の使用年数>から、布団の使用年数は、1年~5年が14.1%、6年~10年が37.5%、10年以上使用している人の割合も48.3%いるという結果が出ています。

日本人は、一度買った布団を長年にわたって使っています。下着や服は毎日交換して洗濯をしますが、布団を毎日交換する人はいないと思います。ずっと使っていると、汗や汚れがふとんの中わたまでしみこんで蓄積していくのです

フケやアカはダニの大好物です

チリダニ

布団の表面よりも内側にダニがたくさんいるのが下の表<敷布団(綿)の表面と内部1㎡当たりのダニ数>を見ておわかりいただけると思います。

特に、布団を長期間収納するときは要注意です。中わたを清潔な状態にして保管をしないと、えさ=汚れを除去しない限りダニはどんどん増殖していきます

布団の上にかけるシーツや枕カバーを洗うのは当たり前なのに、なぜ布団も同じように洗わないのでしょうか?

敷布団(綿)の表面と内部1㎡当たりのダニ数 ※1
調査布団
表面・内部・他
1 2 3 4
表面 356 1155 533 489
内部 275000 79000 124000 389000
内部のダニ数/表面のダニ数 772 68 233 796
※布団のコーナー部分15cm×15cm各の布表面から集塵後、15cm角下の綿3gを取り、ダニ調査を行い、重量で1m2当たりに換算した。

長年使った布団には汚れが蓄積しています

布団丸洗いをした時の排水顕微鏡写真

布団の表面は側生地で覆われていますので、中わたがどんな状態かを確認する事はできませんが、毎日寝ている布団の中わたは、どんどん汚れがたまっていきます。

大人が一晩寝ると、平均して約200ccの汗をかくとされています。汗の成分や皮脂、フケアカなどはふとんの中で雑菌やカビの温床となります

またフケやアカはダニの大好物。取り除かなければ、ダニはどんどん繁殖し、布団の中で増殖を続けていきます

  • ※1 ※3  吉川翠・田中正敏・須貝高・戸矢崎紀紘+生協・科学情報センター共著 「寝室・寝具のダニ・カビ汚染(井上書院)」より転載
  • ※2 経済産業省 「使用済みふとん回収実験報告(2004年3月)」より転載

布団丸洗いご注文ページへ

日本の布団が危ない!
ダニアレルギーの恐ろしさ
布団丸洗い 布団クリーニングでダニアレルゲン退治
  • お客様からのレビュー
  • 布団丸洗い クリーニングお客様相談室
ホームページ内検索
  • 検索したいキーワードを入力するとホームページ内の該当ページを表示します。
営業カレンダー
  • 定休日
  • ・発送キットの出荷はできませんのでご了承ください。
  • ・ご注文は24時間受け付けております。
  • ・営業時間外は、受注に関する処理・メールの返信・お問い合わせに関する返信(電話含む)をお休みさせて頂いております。
  • アフィリエイト募集 布団丸洗いを紹介してみませんか?
  • フレスコブログ
  • ツイッター

布団丸洗い クリーニングのフレスコページトップへ