[日本の布団が危ない]日本の布団が危ない

定期的に布団を丸洗いしましょう

丸洗い前、丸洗い後の布団の比較写真。長時間汚れたままで張りのない寝具。布団丸洗い。丸洗い後、ふっくら仕上がり清潔です

健康のためにも、布団は丸洗いしましょう!

月日が経つとダニのえさとなる汚れが必ず蓄積していきます。布団の中わたは、アトピーや喘息などのアレルギー性疾患の原因となるダニの死骸、フンなどのアレルゲンの宝庫になっています。

使用した布団をビニール袋に入れると、ビニール内に湿気がたまり、ダニの数も2~3倍に増えます。

ビニール袋内に半年間保管した布団表面1㎡当たりのダニ数 ※1

定期的に洗浄する事が重要です

万年床1ヶ月前後の敷布団1㎡当たりのダニ数 ※2
  開始前 1ヵ月後
1 78 149
2 93 213
3 114 294
4 87 102
5 208 313
合計 580 1071
※調査は夏期。数値はダニ数(匹)

布団のしきっぱなしはダニの繁殖を助けるのと同じ事です。夏期では布団の下にカビができるくらい高湿度になります。

ふとんは半年か一年に一度、定期的に洗浄して中わたの汚れとダニアレルゲンを取り除くことが大切です。

政府も布団の丸洗いをすすめています

厚生労働省でも、「布団及び枕にあっては、六ヵ月に一回以上その汚れ等を除去するために丸洗いを行うことが望ましい」という対応を打ち出しています。

行政の対応(指導)厚生労働省 布団及び枕にあっては、六ヶ月に一回以上その汚れ等を除去するために丸洗いを行うことが望ましい。

布団丸洗いはダニアレルゲンを効果的に除去することができます。

布団中わたのダニフン量のグラフ ※3 der=1ヒョウダニ属の事

右の表<布団中わたのダニフン量のグラフ>からもわかるように、布団丸洗いをするとほとんどのダニアレルゲンが除去されますが、布団を使用することで半年後には再びダニアレルゲンの量が増えてしまいます。

定期的に布団丸洗いを行い、自分が使っている布団を清潔に保ちましょう。
布団の中わたの汚れを落す事で、ダニの繁殖を抑制し、ダニアレルゲンの量を少なくする事が大切です。

  • ※1 ※2  吉川翠・阿部恵子・小峯裕己・松村年郎 共著 「室内汚染とアレルギー(井上書院)」より転載
  • ※3 都市居住環境研究所調べ

布団丸洗いご注文ページへ

日本の布団が危ない!
ダニアレルギーの恐ろしさ
布団丸洗い 布団クリーニングでダニアレルゲン退治
  • お客様からのレビュー
  • 布団丸洗い クリーニングお客様相談室
ホームページ内検索
  • 検索したいキーワードを入力するとホームページ内の該当ページを表示します。
営業カレンダー
  • 定休日
  • ・発送キットの出荷はできませんのでご了承ください。
  • ・ご注文は24時間受け付けております。
  • ・営業時間外は、受注に関する処理・メールの返信・お問い合わせに関する返信(電話含む)をお休みさせて頂いております。
  • アフィリエイト募集 布団丸洗いを紹介してみませんか?
  • フレスコブログ
  • ツイッター

布団丸洗い クリーニングのフレスコページトップへ